上級者の皆さんへ

 ベテランは一級品を狙い、小粒のカラフルなアサリには目もくれません。一級品と呼ばれるアサリを追い求めます。そのアサリとは、色は黒っぽい焦げ茶色で、周りがほんの少し薄く黄色味帯びています。もちろん大きい。親指と人指し指で丸を作ったぐらいの大きさです。

 そもそも『島アサリ』と地元三河では重宝がられているブランドアサリとは、アサリの貝の模様と思い込んでいた私は「縞アサリ」と勘違いしていました。どんな縞のアサリが美味いのかと、ずっと思っていました。どうもこの島アサリとは島とか岩場の意味があるらしいのです。もちろん高値がついて料亭向きだそうです。佐久島に限らず、日間賀島や梶島など島の岩場で採れるアサリは美味しいですね。

 それからアサリの美味しい時期は、身がパンパンに大きくなってきます。その分、貝の殻は薄くなってくるので、採っていても殻が割れやすくなります。この時期が旬の真っ盛りだと思います。この薄殻のアサリの吸物が大好きで、残った汁をご飯にかけて口に掻き込むと人生の至福を感じます。

 三河湾のアサリは美味しいことで有名ですが、その中でも特に美味しいアサリは潮通しの良い場所で育った、石の多い場所で採れた物です。前浜(矢作川河口)のアサリは別格として、梶島やうさぎ島、日間賀島の岩場のアサリは美味しいです。島でなくても岩場のは美味しいですね。

 腕に自信がある達人、名人が集まるところは梶島です。渡船で渡り、以前はスタートの合図「よーいドン」で始める時間制限でしたが、今は量制限制になりました。ビックリするほど沢山採ってくるセミプロがいます。仲買に卸すそうです。解禁当初など渡船に乗るのも長蛇の列です。もちろん平日にも、会社の有給休暇を取ってまで解禁日に会わせて来る人もいます。

 前の日は興奮して寝れないとか・・・・。ベテランの採取カゴはアサリを入れる網袋に、チューブの浮き輪が付いていたりします。あるいは大胆にも名入りのスーパーで商品を入れる四角いカゴだったりします。何れにしろそのまま使わず、手を加えて使い易くしてある所がベテランらしい所です。これは他の事でも言えるようです。最新情報ですと梶島以外にもセミプロが集まる場所があるそうです。それは沖島(猿ヶ島)。・・・らしいです。

 潮干狩りの「通」の好む場所は、解禁日から4、5日で採り尽くされてしまいます。が、達人は次の作戦に出ます。人の掘っていない所を掘るのです。狭い場所でもそういう所があるのです。それは大石の周りです。ところでアサリ採りをしている人は不思議と女性の方が多いようです。昼間は暇であるという事もありますが、本能的な何かがあるような気がします。その逆で釣りは男性の方が多いという事は、貝と竿に何か関係あるのでしょうか・・・・・・?

 話はそれましたが、とにかく女性は大きな石は動かせません。男の力でやっと動かせるぐらいの石をひっくり返すと、その大石の下には見たことのない様な、大きなアサリが微笑んでいるのです。きっと、ハゼでいうとヒネハゼというか、まず魚屋さんではお目にかかれないような大きなアサリがあるのです。海が荒れても流されないように、そして近所のジモピーおばさんに捕まらないように大石の下の周りに隠れているのです。それも集団でこのアジトに潜んでいるのです。

 作戦その2。それは潮が引いた後のタイトプールです。この中の水を掻い出すのです。ですから、丈夫なバケツを用意しなければいけません。サイホンの原理を応用してホースで汲み出す方法もありますが、意外と時間がかかる上に珍しがって人が寄ってきて、ついでにアサリまで採っていく人がいるので、やっぱりバケツでこっそりと汲み出すのが良いようです。干上がったタイトプールはアサリにとって、ナイス隠れアジトとなっていて、小ザル一杯ぐらいの成果が期待できます。ただし誰かがやった後だったらミジメ。

 邪道ですが、海の中に立ち込んで手カギマンガンを持参して採っている「通」もいます。